【ビフォーアフター】キッチンの吊戸棚どう使う?

お片付けレッスンのビフォーアフター実例をご紹介します。

ご依頼いただいた都内のマンションに住むNさんは
お二人のお子さんを持つワーママさん
お忙し中、日々のお弁当作りにがんばっていらっしゃいます。
料理苦手なわたしは毎日のお弁当作りにがんばる方を尊敬しております。

「できれば、キッチンのカウンタートップになんにも置きたくないんです。」と言うご希望です。

キッチンお悩み”あるある”ゴミ箱置き場

レッスンビフォー  *モニター様としてお写真掲載のご承諾を頂いております。
お片付けレッスン COCO空

モノトーンでとってもオシャレなキッチンです。

日々の家事でストレスになっている箇所を伺っていきましたら

「ゴミ箱の置き場がなくて収納庫を開ける時に面倒で…」と…
これ、キッチンのお悩みあるあるです!

私の一番最初の職業、キッチンメーカーのショールームでキッチンコーディネーターをしていた頃からお悩みの方がとても多いのは、残念ながら変わらず。

素敵なシステムキッチンとカップボードを見て「わぁ~素敵❤」となり、
実際の暮らしが始まると「これって…ゴミ箱どこに置けばいいのよっ!!」となっているのではないかと!!

このゴミ箱問題は、お客様は、気づきにくい所なのでマンションや住宅販売側の収納設計の意識を進化させたい所です。

話がそれましたが…
Nさんがお困りのゴミ箱問題。
こちらのお宅は、黒と白のフタ(中味はスケルトン)がゴミ箱です。
白いゴミ箱の横が、実は収納庫なのです。

レッスンビフォー
お片付けレッスン COCO空

さらに残念なことに、こちらの収納庫の扉は上から下までの1枚扉。
せめて、上下に分かれていれば良かったのに…

中に食品を収めていらしたため、頻繁に出し入れしたいのに
ゴミ箱をずらす→収納庫を開けるがストレスだったそうです。

そして、黒いフタのゴミ箱横はガス台があり下のキャビネットは引出し式。
こちらもゴミ箱があると全開しないのです。
どちらも改善の必要がありますね。

小柄な方注意!吊戸棚の使い方

そして もう1つのストレスは、
小柄なNさん、吊戸棚の中が良く見えなくて
やっとこさ、モノを乗せているとのこと。

レッスンビフォー
お片付けレッスン COCO空

水筒はそこそこの重さもありますから危ないです(>_<)

サラダスピナーも出番が多いそうですが
毎回、椅子の上に乗って取るのは大変です!

収納実例などを見ると
「吊戸棚の下段は、取り出しやすいので使用頻度が高いモノを収納しています」など
見かける事もありますが、それは、あくまでも長身の方が使用される場合。

小柄な方がマネしても毎回の精神的ストレスと危険のWパンチなだけです。

こんなところで命をすり減らさないでーーー!!!

ということで収納位置を変更です。

収納の力でストレスを無くします!

レッスンアフター

お片付けレッスン COCO空
吊戸棚に合った、毎日お子さんが使う水筒と使用頻度が多いサラダスピナーは、
シンク下の足元の引出し収納へ移動しました。
幼稚園のお子さんも自分で取り出せます。

お片付けレッスン COCO空

吊戸棚の下段は、
取っ手付きの収納カゴを利用すれば
小柄なNさんでも届きましたので
こちらは、毎日使うけれど軽いお弁当包みやプラカップをまとめて収納。

ゴミ箱問題の解決策ですが
2つあったゴミ箱の1つはペットボトルゴミということで
場所を移動しカウンター下部へ
お片付けレッスン COCO空
24時間ゴミ出し可のマンションなので
頻繁にゴミ捨てに行って頂ける点を有効利用してくださいね!

お片付けレッスン COCO空

そしてもう1つのゴミ箱は
使い勝手を優先させてこの位置に置くことは変わらずです。

但し、ゴミ箱位置が変えられないなら
収納庫をあまり開けないようにすればいい!
発想の転換です。

使用頻度が高かった食品収納から来客用など使用頻度が低い食器や調理用品を収納しました。

全体アフターです。

お片付けレッスン COCO空

ご希望の「カウンタートップになんにも出ていないキッチン」の完成です。

 

身長・モノの量・家族構成・暮らし方はそれぞれ

上記のようにご本人が感じていた問題の他にも
ワーママであるNさんがラクにキッチン作業ができるように

・お子さんがお手伝いしやすいようなしくみ
・いつも「使うモノ」を取り出しやすく
・パントリーで食品を一元管理 何があるかわかりやすく!

こんな視点でレッスンを進めさせて頂きました。
パントリーは奥行が深かったので奥と手前の2列を使用頻度で分けて使えるように
収納用品のご提案をさせて頂きました。

収納本などで収納場所や方法の参考になることもありますが
その方の身長やお持ちのモノ、使い方はそれぞれです。
是非、ご自身でどこに何を入れたらいいか?と思われたら
お片付けレッスンをご利用くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください