実親との同居 あるある

今日は自宅セミナーでした。
我が家と同じくご自分の親御さんとご同居中という
お2人がご参加くださいました。

高齢の親ならでは香典袋が大量! や
お客様なんてほとんど来ないのに
菓子器 や 茶器セットが食器棚の特等席に鎮座!
などという あるある話

精神面では
「老親(そんな時だけ)なんだから多めに見てくれ」とか
実の子なんだから親の面倒を見るのはあたりまえ的オーラなど
実の親子ならではの葛藤というか苦悩の話にもなりました。

わたし自身もまだまだ実践中のこのテーマ
同居前だったら
ボチボチやるから…と言われたら
親の自由にしてもらうしかない と
室内の清掃度合から置いてあるモノの趣味に至るまで
一線を引いて”仕方なし”と思えていた所も

同居してからは
親の家=自分の家ですからね。

共有部分に関しては

好きで良いよ^^

なんてにこやかにいられなくなったのが事実

実質、生活の諸々(食事や掃除)を支えているのが子であっても
お片付けのスタイルなど子からの言い分の押しつけになれば
親という立場からそれが正しいのではと思えたとしても
NOという反発が出てしまいます。

かといって
親が今までの人生でしてきた
なんでもかんでもとっておく生活や
収納スタイルとは言えないような
部屋がモノのカオス化しているのを
受け入れてあげなければ…などと思うのも
子にかなりの精神的負荷がかかります。

親に
子とは別の存在なのだから
精神的成長を!と望むのは
本人が思わない限り無理なこと

一朝一夕で解決できるような
安易な話ではありません

わたしも
もう、面倒くさ~い!!と
投げ出したい気持ちになることもありますが

でも
確実に人生修行に役立っていると思うと
親はそんな役を勝手出てくれてるのかな?と
感謝の気持ちを持つことも(たまには)できるのです💗

↓下の画像をクリックして頂けると更新の励みになります^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


↓ 講座・レッスン募集中です ↓

◆整理収納アドバイザー2級認定講座 
会場:練馬区立区民・産業プラザ Coconeri
お申込み・詳細 >>> こちら
◆自宅セミナー 
お申し込み・詳細 >>> こちら
◆お片付けレッスン 
お申込み・詳細 >>> こちら 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする