今すぐできる!暑い夏を涼しく過ごす部屋の片付け

暑い日が続いていますね!
暑いからこそ、外でめいっぱい楽しむ?
そんな過ごし方は若い世代に任せましょう。笑

私も50代になってから、
夏の過ごし方は、旅行へ行くとしても涼しい避暑地だったり、
人の多い観光地は避け、

自宅の室内の涼しい部屋で過ごす方を選ぶようになってきました。

部屋で涼しく過ごすために今すぐできる2つのポイント

少しでも涼しく夏を過ごすために
すぐできる夏のお片付けのポイントをご紹介します。

その前にみなさんに質問です!

同じように空調が効いた部屋AとBがあったとしましょう
どちらが涼しく感じますか?

A:ホテルのリネン室(シーツやタオルを収納する部屋)
B:ベッドメイキングがきちっとされたホテルの客室

AとBの違いは、圧倒的な物の量の差です。

整然と整理されているリネン室だったとしても、
そこは収納のための部屋ですから
当然、物の少ない客室の方が涼しく感じ、精神的に寛げるはずです。

では…

A:デパートのおもちゃ売り場
B:デパートの高級食器売り場

どちらが涼しく感じるでしょう?

こちらをそれぞれイメージしてみると色合いの違いがありませんか?
高級食器 より おもちゃ の方がカラフルな多色使いが多いですよね!

お部屋を涼しく感じるポイントは物の“量”と物の“色”

物がいっぱいのお部屋より、
物が少ない方が開放感がありますので涼しく感じます。

そして、
そこに置いてある物の色見が
少ない方が私達は涼しく快適に感じるのです。

特にブルー系の寒色は、体感温度を下げてくれるという効果があるそうです。

収納でひと工夫

小さな物がごちゃごちゃとある場合、
カゴや収納ケースにまとめるだけでスッキリ見えるようになります。
ただ、さまざまな色の収納ケースを使っていることで
逆にごちゃごちゃして見える場合もありますので
色見を統一する事が大切です。

カラフルな色が好みという方は
物の量を減らすのがポイント!
ピンポイントで色を使うことで暑苦しくならず素敵に見えます。

インテリア小物をリセットしてみる

1年中同じインテリア小物を飾ってあるなら
一旦すべての飾りを辞めてみるのもおすすめです。

リセットしてみると想像以上にお部屋がスッキリ見えて
涼しさを感じる事があるんです。

そのうえで涼を感じるアイテムだけを飾ってみても良いですね。

スマホでお部屋を撮影してみる

自分の部屋は見慣れている空間なので
どこを改善したらもっとスッキリ見えるか自分では気づかないもの。

スマホやデジカメで写真を撮ってみると客観的に自分の部屋を見れるので
気になるポイントを発見できるかもしれません。

涼しげなお部屋で楽しむ大人の夏時間

物の“量”と“色”を意識してお部屋を整えたら、
気持ちから涼しく過ごせるお部屋の完成です!

涼しげなお部屋で、大人の夏を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください