MUJIはMUJIでも おとなMUJI

無印良品(MUJI)との関係は思い起こせば高校1年生頃かと…
ザッと計算すると33年も前!?
わたしの住む西武池袋線の石神井公園と大泉学園の間ぐらいにOZ(オズ)という名前の西友のちょっとデラックス版みたいなのがありまして
そこに無印良品が入っていたのです。(もちろん現在も入っています)

余談ですが、隣に東映撮影所があり撮影にきた芸能人に逢えるスポットとしても
学生にとっては魅力的な場所でありました。

話は戻って、無印良品。
高校生の時はここでなぁんにも書いてない横型ノートを買って
自分でシールを貼り、線を引き、数字スタンプを押して
マイスケジュール帳を作っていました。
(←本人すっかり忘れてましたが、こないだ高校の同級生に言われて思い出しました。)
そんな感じで無印良品は当時から西武線在住の人には特に馴染があったと思います。

最初は、日用品だけだったアイテムも
衣料品が増え、家具が増え
ナチュラルな雰囲気が好きだったわたしは
いつのまにか家の中に無印良品のモノばかりになりました。

ですが…わたしも大人(すぎる)年齢になり
ナチュラルな色目より
ブラックや濃いグレーなどという
大人な色目が好きになってきまして

新居では おとなMUJI (勝手に命名)に手を出しました。
憧れつつも今までちょっと手が出ない大人な雰囲気だったのです。

 

ハウスキーピング協会の 無印良品 私の活用法6月ページ に

こちらの硬質パルプボックス・フタ式・ストッカー の
おすすめポイントについて掲載して頂きました。

我が家の寝室のオープン収納棚

おとなMUJIのシリーズは
他にも引き出しやファイルボックスなどありますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です