料理上手になったような錯覚をさせてくれる家電たち

新居になってオール電化になり
調理機器もIHとなりました。
住設機器メーカーのショールームに勤務していた20数年前は
IHやハロゲンヒーターというのは外国メーカーばかりでしたが
今は日本のメーカーがほとんどではないでしょうか?
そのためか、日本人の食にあった”かゆいところ”に手が届く感じの機能がいっぱい。
スーパーの特売の鮭でさえもIHグリルの切り身魚自動モードで
皮はパリっ中身はふっくらととても美味しく焼けちゃいます。
自分の実力じゃないのに料理の腕が上がったような勘違いをもたらしてくれるしちゃうほど!
ありがたいことです(^O^)

 

 

たまたま行った家電量販店で最新人気冷蔵庫の説明を詳しくしていただきました。
雑菌が入るからと水道水でしか作れなかった氷も浄水器やミネラルウォーターから作れる機種ラップ要らずでもカピカピに乾燥しない庫内とか…
魅力的な機能がいっぱいで買い替えたくなってしまいました。

ウォーターオーブンは余計な油が落ちてヘルシーなだけでなく
冷めた揚げ物など揚げたてのように温められるみたいで
お腹まわりが気になる夫はもちろんのこと
料理が苦手なわたしのような人間にはとても魅力を感じる
最新(でもないのかな?)家電!

日本人の技術者のとても繊細なおもてなしをこんな所でも感じるのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください