ラクに続けられる冬物のすっきり洗い

今週から少しずつ冬物を洗い始めました。
三寒四温という事でまた寒くなる日もあるでしょうけど
気分的にモッコモコのセーターに袖を通す事もウールのマフラーを巻くこともないでしょうから。
基本的に水洗い可能の表示がついている洋服はクリーニングに出さずに手洗いしています。
家庭で洗えばクリーニング代もかからず水洗いする事でサッパリして気持ちが良いです。

私がやっている身体もラクな冬物の手洗い方法

洗面台の洗面ボールが大きめならそこで洗うのが身体の負担(主に腰)が少なくてラクです。
まず、洗面ボールをお風呂用の洗剤とスポンジで綺麗に洗います。
どうせ洋服を洗うんだから洗わなくても良いんじゃ?と思う方もいるかもしれませんが私はそこは気になる派なので。
そして、お湯を溜めて洗濯洗剤を溶かしてから衣類を投入、その中で押し洗い。
1度に入れる衣類は、基本1枚ずつ。
欲張って何枚も衣類を入れると押し洗いした時にボールから水が溢れ大胆に洗えなくなるので(笑)
洗剤成分が残らないようにサッパリとすすいで洗濯機で短時間脱水
室内物干しに広げて干して終了
さ!次 行こ!次っ!

冬物を全部一気に洗ってしまいたい…

私は、毎年、冬物一気に1日で洗ってしまいたい。
そんな衝動に駆られるのです。
… が、そこはガマン。

何故なら、洗い始めから脱水するまで1枚に15分ぐらいかかります。
2枚洗うだけでも30分かかりますから、
それ以上やってしまうと手もシワシワになるし疲れてきます。
後悔するとわかっているのでもうちょっとできる!という所で辞めておきます。

継続してモノゴトを続けていくためのポイント

腹八分目とでもいうのでしょうか。
やっぱり、何事ももうちょっとできる!と思うぐらいが
嫌にならないでできる秘訣のような気がします。

3月中に少しずつ冬物を洗ってスッキリ気分で春を迎えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください